排卵チェッカーの使い方

排卵チェッカーの使い方

子供を授かりたいけど、中々できなくて基礎体温を付けたり、排卵チェッカー使用を検討してる方は多いのでは?そこで、今回は排卵チェッカーの使い方を紹介します。

まず、排卵検査薬を購入する場合は薬局より通販がお勧めです。

何故かと言うと、通販は「使い方」「排卵の可能性のあるタイミング」などを詳しく紹介したり、場合によっては相談に乗ってくれる所もあるためです。

近くの薬局などで買うのも楽かもしれませんが、その場合薬剤師とのやりとりが必要になるケースがありますので、気兼ねなく買える点でも通販は便利な訳です。

使用する場合は自分の生理周期から4~5日前に使います。

同じ時間に検査薬に尿を付けると「陰性」か「陽性の」反応があられます。

陽性が出たら排卵が近い事を意味します。

陽性が出た場合に当日検査薬を数本使い、陽性から陰性に変わる前後に行為をすると妊娠の可能性急激に上がるようです。

検査薬に陽性反応が出た時ピンクの線が出てきます。

これが薄くなってきたら排卵直前なので、このタイミングが一番良いと思います。

友人の為に排卵チェッカーの使い方などを調べました。

私は現在生後半年の息子がいます。

私の場合母がポンポンと妊娠出産していたので、私もそういう体質らしく子作りを始めてすぐ息子を授かる事ができました。

でも、友人は長く子作りしているにも関わらず子供を授かる事ができないでいるみたいでした。

先日友人と会った時に「私はどうやったら子供ができるのだろう」と嘆かれてしまったので、私も彼女の力になりたいと思い、今流行りの妊活について調べてみました。

子供を授かる為に一番効果的なのは自分の排卵日を調べる排卵チェッカーを使用することみたいですね。

タイミングとしては生理が始まってから10日前後に排卵チェッカーを使うようです。

すると、排卵チェッカーが陰性から陽性に変わって来て、チェッカーの色が一番濃い時と基礎体温が一番低い時に行為をすると妊娠の可能性がグンと高まるようでした。

排卵チェッカーを使用体験

しかも、それは一度だけではなく何日かに渡って行為を行うと更に効果が高まるようですね。

友人にも私のように早く自分の子を授かる喜び、産まれてきてくれた我が子を抱き締める喜びを感じて欲しいです。